オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

羨望?のスキマ

投稿日:

「おねえ、とれましたか?」
「まだだよお」(*^-^*)←動じない人
「ねえ、おねえ、とれました?」(いらついている?笑)
「うるさいなあ、今やってるってばぁ。笑」(*^0^*)←威張っている
チュンちゃんは、もう1台整備をしながら
お姐の進み具合をさかんにチェックしにくるのだ(笑)
「こっち終わりましたから、反対側、僕もやりますよ。」
そういって半ば呆れながら?チュンちゃんも寝転がった。
ところが・・・
「アレ?手が入りずらいぞ・・・ん?どこだ?」
「うううう・・、隙間なくてねじ回らない、取れない!」
「私はもう後ろも取れたよお。おーしまいっ」\(*^0^*)/
「うーん、見えないなあ、、、よいしょっと。汗」
「アレ?チュンちゃんまだぁ?」(*^0^*)←立場逆転(爆)
「狭くて手が入らないし見えずらいですよ。」
「そこはねえ、心の目で見るの。」(*^0^*)
「んなこといって、おねえ、さっきライトでみてましたよね。」
(チュンちゃんはよく見ている 笑)
「あ”」
「どぉしたの?」(^o^;
「外さなくていいところ、一生懸命外しちゃってたみたい。汗」
「お姐は、ソコとらなくていいって知ってたよ。」(*^0^*)←先輩面(笑)
自分の実力?を良く知っているお姐は
体制に影響がないオールペンに出すフリーウェイの
外装外しの難所(面倒なとこ)をやっていたのだった(笑)
その日はチュンちゃんのお誕生日だった。
cyun0.jpg
チュンちゃん@2級整備士の技術力には常々羨ましく思う
お姐だが
本当に、羨ましいのは、ロウソクを
立てたケーキに隙間があること・・・かもしれない(自爆)
       チュンちゃんお誕生日おめでとう(*^0^*)

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2020 All Rights Reserved.