オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

夢の中の夢?・・の巻

投稿日:

かつてセレブ生活をしていた頃

毎年元旦から読み返す小説があった。(作者は故池波正太郎氏)

何度読んでも夢中になり、その根底に流れる世界観に毎回

酔いしれていたお姐である。(*^0^*)/←ちょんまげ好き

 

いつしかバイク屋稼業が長くなり、大好きだった読書の時間はおろか

観劇に出かけることもほぼない生活に変わっていった。

でも心のどこかで、いつかまた行こうという野望は持っていた

のだ。

 

会社でいつものようにメールチェックをしていた時

ニュースが目に入ってきた。

 

体調を悪くしていたことは、ニュースで当然知っていたが

訃報の記事は開けなかったお姐である

 

ところがなんと、その夜、勧進帳の弁慶姿の夢を見た。

 

「よっ 播磨屋!!」(*^0^*)←注:百年早い

 

思わず叫んでいたお姐である。

 

 

ご冥福を心よりお祈りいたします。

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2022 All Rights Reserved.