オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

たまには?

投稿日:

練馬光が丘店に久々にT-MAX-2が入荷したのに
刺激されてまたT-MAX自慢(*^0^*)/
注:お姐はスズキの回し者のようですが(?)、ヤマハの回し者ではありません(笑)
イナズマネタは何度か書いた記憶があるが、
ぢつは、かつてセレブだったお姐は(←まだ言っている 自爆)
イナズマ1200とBMW1150Rを同時に所有している
時期があった。
イナズマは振動大、でもロケットにまたがっているような
心躍る楽しさがあった。
一方1150Rは、水平対向エンジンで振動はほとんどなし
油圧クラッチ・グリップヒーターABS、ラクラク装備が
ほぼ完備されている。
バイクというより高級車に乗っているような
楽ちんさがあった。(それなのにぶっ倒していた 自爆)
そして年月は流れ・・・(笑)
セレブ(笑)からブルーカラーへ転身(転落?自爆)したお姐に
ある日、若い整備士仲間とツーリングに行く
計画が持ち上がった。
しかも、ただのライダーぢゃなくて、サーキットを
走ったり、常日頃バイクをサイドスタンドで
ぐるぐる回しているような連中である(笑)
しかもほとんどが大型リッタークラスで
2000キロごとにバルクリを取っているような
過剰整備好きの面々である(笑)
その時、既にお姐は中高年。
非力と技術力不足(&ヨボヨボ度大)
そして快適さを考えた結果
選んだのは初代T-MAX500
エセ水平対向の2気筒で振動は少ない
*並列2気筒をほぼ横に倒して対向ピストン(バランサ)が
ついている形状
(中高年に長時間の振動はツライ?汗)
オートマなのでギアチェンジをシクることもない
(腕がなくてもスロットル全開にさえすればスタートで
遅れることもない?笑)
ネイキッドと比べるとエンジンが下についていて重心が低く
500なのでかろうじて起こせる(はず?謎)
(ヨボヨボのお姐に最適?(*^0^*))
加えて、
重量配分はフロントとリヤでほぼ5:5になっていて
フロントフォークは、ネイキッドと同じテレスコピック型
がついている。
要するにT-MAXはビッグスクーターの皮をかぶった
オートマのスポーツバイクだったのだ(*^0^*)
加速はイナズマ・・まではいかないが
イナズマより軽い分、速い!
そして快適さはBM・・まではいかないが
振動が少なく十分快適!
バイクのおかげでツーリングもさほど迷惑を
かけることなく(本当か?笑)楽しく参加することができた。
ものすごぉーく気に入っていて
ものすごぉーく大事にしていたのだが
気がついたらゴリちゃんに売り飛ばされていた(号泣)
が その後、又しても整備士仲間とのツーリング計画が
持ち上がった(しめしめ)
そしてやってきたのがT-MAX-2
1との大きな違いは、インジェクションに変わっていること
とフロントがダブルディスクに変わってABSがついたこと。
あとは、タイヤがRになったくらい?(*^0^*) ←テキトー
購入時走行距離は約22000キロ
ディスクローターを前後変えて、パッドも変えて
タイヤ前後、ベルト、油脂類全部交換、グリップヒーター装着
ETC装着、最後にコタツも装着したら
かかった整備費用は2桁だった(^0^;;;
その後T-MAX-3が発売されたが、
お姐的には、見た目ちょっとヤセ過ぎて頭でっかち?な
感じに見えてとりあえず乗換えはまったく考えていない。
スペック的には向上しているのは間違いないのだろうけど
限界までぶっとばす走りはしないので今でもスバラシしぎる
くらい(*^0^*)
先日バイク便でT-MAX-2を使っているという
お客様の話を伺ったが、
20万キロ超えて全然走っている。
とても気に入っているのでもう1台2型を買おうと
考えているということだった。
ってことは・・・・お姐の年間走行距離を考えると
T-MAX-2は死ぬまで乗れるってこと?(*^0^*)←美人薄命のつもり
中古車の走行距離は目安にはなるが
バイクの程度はいかに整備しているかによって
まったく異なる。
ちなみに整備士仲間の愛車はみんな5万キロを
超えているが、見た目はどうみても1万キロ以下、
コンディションは極上であり、カスタムパーツだけで
車体実売価格を上回るのは間違いない?(爆)
やっぱ念のため(笑)
練馬店のT-MAX-2も買っておこうかな(*^0^*)←いい加減にしろ!

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2020 All Rights Reserved.