オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

お姐の正体?・・・の巻

投稿日:

先日、やっと半年以上ぶりに美容院へ、、行けた(自爆)
「ずいぶん、伸びましたね?何センチ切りますか?」
「ん?伸びた分切って下さい。」(*^0^*)←いつもいい加減
「半年だから6センチくらいですかね?」
「え、それっぽっちじゃ全然変わらなくない?」(^0^;
美容師のお兄さんがくるっと椅子を回して
お姐に手鏡を渡した。
「げ、最近寝ている時に背中で踏むなあ、、と思ってたら
こんなに伸びてる。」(^0^;;;
「そうですねえ、前くらいというと10センチは切らないと
同じになりませんね。」
「てか、半年で10センチも普通のびなくない?」(^0^;;;
「そうですね、、、でも、確かに前回から半年くらいですし、
実際に伸びてますよぉ。伸びるの夏場は早い
ですけど、お姐さんは特に早いみたいですね。」
お兄さんはくすっと笑った。
美容院なんてまた半年以上これそうにないお姐は
「んじゃ、12センチくらい切って下さい」(*^0^*)
とお願いした。
すっきりして家に帰ったら
同居人・小が帰って来た。
「あのさ、美容院行って来たんだけど。」(*^0^*)
「ああ、前からみたら全然変わらないね。」
「でもさ、半年で10センチも伸びててさあ、
なんかママって伸びるの超はやいって
お兄さんに褒められた」(*^0^*) ←ちがうって
「へえ、そうなんだ。でもさ、髪が伸びるのが早いと
『エロい』ってことなんだってね。
ってことは、ママは『超エロい』ってことだね。」
「・・・・。」
とっさに切り返せなかったお姐である(自爆)

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2020 All Rights Reserved.