オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

Jack美容整形外科?・・・の巻

投稿日:

最近ふと思ったのだが、
ここ半年のイベント関係の参加者
女王様ツーリング・・・女性ライダー11名+執事クマ1匹爆弾
高尾山ツーリング・・・女性6名・男性5名
ライスク@茂原サーキット・・・女性2名
ABS体験試乗会・・・女性2名・男性1名
ライスク@味スタ・・・女性4名・男性1名
ライダーって男よりぢつは女の方が多かったんだたらーっ(汗)・・・と思ってしまうほど
女性ライダー比が高くなっているうちのお店である(笑)
また、同時に最近気がついたのは、女性ライダーの身長と指の長さが
必ずしも比例していないということだ。
身長と反比例した「指みじか族」はお姐だけだと思っていたが
ぢつは「指みじか族」爆弾が多数生息していることに気がついたのである(*^0^*)←仲間が増えて喜んでいる?たらーっ(汗)
今回のライスクは「プチ整形」後の初乗りだったのだが
中指1本で余裕のブレーキンググッド(上向き矢印)
スロットルを開けた状態でもフツーに指がかけられ、大満足だったお姐である(*^0^*)
が、ライスクが終わってみんなでお店に帰ったらタイヘンなことに・・・?
(女性は観察力がスルドイ雷
「レバー変える!レバー!お姐さんみたいなやつ!グッド(上向き矢印)
「私もレバー、レバー!グッド(上向き矢印)
もぉ、大騒ぎである(笑)(*^0^*)
「そうだ、Jackさんに聞こう!」
「私、工場長さんお話したことないけど、、まあいいや、行こう!(笑)」
かくしてJackは工場から引っ張り出されて
モテモテ状態(*^0^*)←面白がっているパンチ
「ブレーキをもっと握りこめってK先生に言われたんですけど指が
届かなくて力が入らないんですっ!!」
が、レバーを変えようにもIさんのレバーは既にダイヤル付のものである。
「どれくらい?」@Jack
「あと数ミリでいいんです!」
Jackは、Iさんのバイクを工場に入れて何やらやっていた。
「これでどう?」@Jack
「あ スゴいグッド(上向き矢印) かなりいいですぴかぴか(新しい)全然違います!」
「あと3ミリくらいできるよ。グリップ変えればね」@Jack
「じゃ、変えます!」(即答)
「・・・・。」たらーっ(汗)
さすがのJackもタジタジな勢いである(*^0^*)←超面白がっている爆弾
「あ Jackさんるんるんこの間やってもらったの(発進時に滑るの)治ったよぉグッド(上向き矢印)ありがとぉグッド(上向き矢印)
Jackは相当な無口である。
が、嬉しそうに静かに微笑んでいた。
ちなみにJackの愛車はカワサキである(*^0^*)←スズキの回し者ぢゃ?たらーっ(汗)

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2020 All Rights Reserved.