オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

飛んでいったバカナ?・・・の巻

投稿日:

集合は朝8時
自動的に会話はしていたものの
宵っ張りのお姐が覚醒しているわけもなく
おそらく心拍数52眠い(睡眠)のまま
愛車T-MAXに乗って走っていた模様(*^0^*) ←キケン人物
事件は
第三京浜に入ったカーブ直後のストレートダッシュ(走り出すさま)
起こった(らしい 笑)
横浜組と合流する保土ヶ谷PAに差し掛かり減速し始めた時
前の物入れが
「ビローーーンー(長音記号2)
と開いているのに気がついた。
「わははは、ビローーーンー(長音記号2)って開いてる」(*^0^*)←一人でウケてる
(ん?開いてる? ガサゴソガサゴソ)
速攻、PA脇の管理事務所に飛び込んだお姐である。
「すいませーん!」(^0^;;;
「はい、どうされました?」
「今、玉川から乗ってきたんですけど、カード飛ばしたみたいですぅ」(*^0^*)
「落としたんですか?」
「いえ、飛ばしたんです。」(*^0^*)←同じだろーが
「そ、そうですか(汗) 高速道路上の落し物は、
ここではなんともできないので
コレに書いてある電話番号にかけてください。」
といっておじさんがティッシュをお姐にくれたぴかぴか(新しい)
「ラッキー」(*^0^*)/←ちがうだろ!
保土ヶ谷PAでは、合流した横浜組と多摩組で
盛り上がっていた。
そこで、お姐の後ろを走っていたナベちゃんにインタビュー
「ねえねえ、お姐のカード見なかった?」(*^0^*)
「え もしかしてビニール袋に入れてました?たらーっ(汗)
「あ そおそお」(*^0^*)
「第三京浜に入ってすぐのカーブの後の
直線ダッシュ(走り出すさま)で、お姐さんの方からスゴイ勢いで
ビニール袋が飛んできたので「フって、」よけましたよたらーっ(汗)
目撃証言も得られて
お姐のカード紛失は確定した(*^0^*)←いばるな!
「もしもしぃ、、、カードを飛ばしたんですけど。」(*^0^*)
「は?盗難ですか?」
「いえ、高速で走っていてカードが飛んでいったんですぅ。」(*^0^*)
「わかりましたっ、停止のお手続きをいたしますので
最後に使ったところは覚えていらっしゃいますか?」
「えっと、20分くらい前のガススタです。」(*^0^*)
注*ガススタでは、覚醒前でセルフ給油が
理解できずナベちゃんを呼んでやってもらったお姐である(自爆)
「お待ち下さい、カチャカチャカチャ、、、8時○分、
エネオス○○店、○○円で、お間違いないですか?」
「スゲー、当たりです。」(*^0^*)←感動している場合ぢゃない
「停止のお手続きはたった今、完了いたしましたので
お近くの警察に行って紛失届けをだして
再発行手続きをして下さい。」
「え?今、高速だから警察ないし、これから三浦までいくので
あとでいいや。」(*^0^*) ←のんき
「では、再発行手続きのお電話番号だけでも、、」
「いや、書くもんないから、明日自分で調べる、
ごめんね、ありがとね。」(*^0^*) ←超自分勝手
「カードなくなって大丈夫ですか?たらーっ(汗)」@新幹線
「うん、まだ2枚あるからもう一回飛ばせる?」(*^0^*)←ぼこん!パンチ
「備えあれば憂いなし」(*^0^*)←パンチパンチ
というわけで、カードは飛んで行ったが
おかげ?で
しっかり覚醒ひらめきできたお姐である。
めでたし、めでたし?
女王様ツーリングネタは続く。。。(笑)

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2020 All Rights Reserved.