オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

老眼・・・未遂?・・の巻

投稿日:

原付の整備をしていた時のことだった。
「・・・・?」
(お姐の記憶では、確かここは10ミリだったはず・・・。)
が その時のお姐の目に映ったのは、
なぜかプラス?たらーっ(汗)(^0^;;;
中古原付の場合、とんでもないネジが付いていることも
多々あるので、特に疑いもせず工具を変えた。
が、プラスを突っ込んでも回らない
え まさか?と思って、トルクスも試してみたが
回らない
(なんか、おかしい・・・。たらーっ(汗)
「ジャックスペード~!これ何がついてるか見て!」(*^0^*)
「10ミリですよ。」スペード
「やっぱりそうか、でもね、なんか見えないんだよねー」(*^0^*)
「ねえねえ、この距離でねじ山見える?」(*^0^*)
「見えますけど。」スペード
「お姐、ゼンゼン見えないグッド(上向き矢印)」(*^0^*)/←威張っている
「あ これも離さないと全く見えないグッド(上向き矢印)」(*^0^*)/←更に加速
「もしかして、お姐って老眼るんるん」(*^0^*)
「離さないと見えないんじゃ、そうかもしれませんねたらーっ(汗)スペード
トコトコトコ(←事務所へ歩いて行く音)
「代表ぉ~!そういえば代表も老眼でしたよね?グッド(上向き矢印)」(*^0^*) ←ずけずけ
「い、いや、オレは老眼じゃないよあせあせ(飛び散る汗)(焦)」
「え”? だって、ほら、この前、メインジェットの番手が
見えないんだよーって言ってたぢゃないですかるんるん」(*^0^*) ←容赦ない(笑)
「いや、見えるよあせあせ(飛び散る汗)見えるたらーっ(汗)オレは老眼じゃない!!」
(往生際の悪いしぃ・・・(*^0^*)←爆弾コラ!)
その後、しばらく老眼のことを忘れていたお姐である。
が、タメのMさんぴかぴか(新しい)が来店
「ねえねえ、Mさんってさあ、老眼なった?」(*^0^*)←超失礼
「そんなの、バリバリ老眼だよ、3年位前から」
(Mさんは代表と違って潔良いるんるん
「そういえば、うちの奥さんも老眼鏡作りにいったよ。」
「そうなんだー、お姐も老眼っぽいから
老眼鏡作りたいんだけど、どこで作ればいいのかなあと
思ってるんるん」(*^0^*)
「あぁ、でもさ、老眼現役?の人たちに聞くと
老眼鏡は100均のでいいから、家のあちこちに置いておくのが
一番だってよ。どうせかけるときは短い時間だし、老眼は
進むからね。」
「へえ、、、そうなんだぁ、、でも、せっかく老眼に
なったんだったら、いかにも『私は老眼で見えないのよぉいい気分(温泉)
ってかんじのおばあさんがかけている眼鏡みたいのが
欲しいんだけどなぁぴかぴか(新しい)」(*^0^*)←やる気まんまん
「あ、はははは・・・」(Mさん、呆れている?)
お盆休みには、老眼鏡を買いに行こうと
張り切ったお姐だったが、
整備をしていてふと気がついた。
「あれ?目見えるたらーっ(汗)」(^0^;;;;
「なんだ?普通に目見えちゃってるあせあせ(飛び散る汗)」(^0^;;;;;
どうやら、お姐の老眼は
鉄との衝突による一時的ショックだったようで
治ってしまったのだ。。。
「お姐は老眼で見えないからもうやだ〜(悲しい顔)、お嬢やっといてねグッド(上向き矢印)
が使えなくなってしまったお姐である(自爆)

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2021 All Rights Reserved.