オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

整備士のシゴト?・・・の巻

投稿日:

キヨシの愛車はFTRだ。
エンジンの調子もとても良い・・・
はずだったのだが、
自分でいじり始めたら急降下バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
いつぞやは、テールランプの接触不良で
ヒューズ飛びまくり爆弾
お姐の活躍のおかげで(*^0^*)←自慢している爆弾
ヒューズは飛ばなくなったのだが
その後もエンジン不調が連発バッド(下向き矢印)
「調子いいバイクだったのにねえ、、アンタ壊したね、廃車だねグッド(上向き矢印)」(*^0^*)←楽しそうパンチ
っとお姐にイジられていたキヨシである(笑)
「アイドリングで落ちるんですよぉバッド(下向き矢印)
「あそぉ、、とりあえず燃調し直したら?」(*^0^*)
営業終了後、GS-2眼鏡と二人で燃調らしきことを一生懸命やっていたが
「回転数いくつにしたの?」(*^0^*)
「3回転弱です。」@GS-2眼鏡
「あそぉ・・・たらーっ(汗)スローはノーマルだよね?」
(まあ、お客さんのバイクぢゃないし爆弾
「アイドリング、ちょっとだけ上げとけば。」(*^0^*)
と言って、放置したお姐である(*^0^*)←パンチ
その後も、依然不調は続いていた模様。
ある日、ちょうどいいタイミングで(笑)
横浜店から書類を取りに新幹線がやってきた。
その日も壊れていることが発覚したFTRのチョークワイヤーを変えたばかりのキヨシだったが
未だ本調子でない様子だった。
「なんだ、キヨシ、まだ調子悪いのか?」@代表
「はい、暖まってるのに信号待ちで落ちるんッスよバッド(下向き矢印)
「おい、新幹線バルクリ見てやれ。」@代表
「いいですよぉ」新幹線
新幹線が事務作業を終えるのを待って
新幹線今日やろぉグッド(上向き矢印)」(*^0^*)←気が短い爆弾
「え?これからッスか?たらーっ(汗)エンジン開けるんですよね?たらーっ(汗)」@キヨシ←経歴・自動車整備士爆弾
「いや、そんなに時間かからないですよぉ。お姐さん、クリアランス調べて下さい。」新幹線
「リョーカイグッド(上向き矢印) えっとぉ、INは0.10 で EXも0.10 プラマイ0.02
だよ。」(*^0^*)/
新幹線@二輪(ヘンタイ爆弾)整備士の実力を二人に思い知らせる絶好の機会である 笑)
予想通り新幹線はあっという間にFTRを裸にしてバルブを上死点に合わせてバルクリを
取り始めた。
GS-2眼鏡は隣に立って補佐をしているはずが
まだライトを出そうとしないたらーっ(汗)
新幹線のスピードを知らないので手術助手の対応が遅れているのである(笑)
お姐は既にライトを持って待機(*^0^*)←いばっている爆弾
「そんなに狂ってはいないですけど、一応取り直しましたから。」
その後、また新幹線はあっという間に組み立て
アクセルワイヤーの遊びを調節、本当の燃調(笑)をした瞬間
エンジンの鼓動が明らかに変わったぴかぴか(新しい)
「あ 元に戻ったグッド(上向き矢印)」(*^0^*)/←デビルイヤー爆弾
「試しにその辺一回り走ってきてみてください。」新幹線
キヨシは出て行った。。。
が 少し?経っても、、全く帰ってくる気配がなかったたらーっ(汗)
あまりに帰ってこないので
工場を片付けて、帰ろうとした頃に
やっとキヨシは戻ってきた。
「スゴイっス!全然違います、絶好調です!
楽しくて走りまわってきましたっグッド(上向き矢印)
キヨシの顔は輝いていたぴかぴか(新しい)
「いや、ホント、スゴイッス!感動もんです。」@キヨシ←うるさいたらーっ(汗)
新幹線は歌うように言った。
「整備士は、お客様に感動を与えることができる仕事なんだよぉぴかぴか(新しい)
GS-2眼鏡とキヨシはその言葉にまた感動を覚えているようだった。
どぉやら、、
横浜店に行っても新幹線のヘンタイぶりは健在のようである(*^0^*)←そこかよたらーっ(汗)

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2020 All Rights Reserved.