オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

怪我の功名的活躍?・・・の巻

投稿日:

両手足ぶつぶつキモい病(←勝手に命名爆弾)からはなんとか回復したお姐ではあるが
脱皮した皮膚が薄くケミカルが沁みるため、しばらくは手袋をして作業をしていた。
手袋は手には優しいが、その1枚で指先の感覚が全く変わってしまい
時として恐ろしいことが起こる?
事件は、オイル交換をした直後に起こった雷
その時やっていた機種はオイル交換をすると構造的に
センタースタンド経由でオイルが伝わって落ちてしまうもので
作業マットの汚染防止にいつものようにつぶした段ボールを
オイルバットの下に敷いて作業をしていた。
オイル交換は何事もなく終わったのだが、問題はそのあとだった。
左手に・・段ボールに乗せた廃油が入ったオイルバット
右手に・・オイルジョッキ
そしておもむろに立ち上がり
廃油のドラム缶がある事務所スペースにづかづかと
向かっていった。
・・・っとその時、
(ズル・・・・?たらーっ(汗)
左手の段ボールに乗っていたはずのオイルバットが
放物線を描き宙を舞っている?サッカー
(マズい雷
いうまでもないが(笑)
こういう時、お姐の逃げ足は半端なく早いダッシュ(走り出すさま)
オイルバットが事務所のガラス戸にぶつかり落下した瞬間
お姐は既に2メートルほど後方に避難を完了していたのである(*^0^*)←自慢するか?たらーっ(汗)
幸いにも事務所のガラス戸が閉まっていたから良かったものの
開いていたら大惨事たらーっ(汗)
が、それでも一面オイルまみれは変わりないたらーっ(汗)
お姐の「うぎゃあせあせ(飛び散る汗)」っという声を聞きつけ見に来たJackスペードだったが、
ちらっと状況を見て、クルリと向きを変え無言で去って行った(笑)
それからが、タイヘンであるたらーっ(汗)
台所洗剤を持ってきて、ガラス戸およびガラス戸前のアスファルトを
ゴシゴシ洗った。
ところが、被害は外部だけでなかったのである雷
ガラス戸はレールの上をスライドする構造になっているが
ガラス戸をあけるとレールの上もオイル満載(*^0^*)/←いばるな!パンチ
結局、レールの上にも洗剤を撒いてホースでジャカジャカ洗う羽目になった
お姐である。
新ドサ周りにでかけていたゴリちゃんが帰ってきた。
「あれ?Jackここなんかこぼした?」
「うん、お姐がね、オイルぶちまけ・・・たらーっ(汗)」(*^0^*)
「ああ、事務所のさあ、ガラス戸の滑りを良くしたみたいだよ(笑)」スペード
(???)(*^0^*)
ガラス戸をあけてみると、確かにグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
オイルは洗剤で洗い流したのだが、まんまとうまい具合に潤滑されていた。
「これ絶妙にいいねグッド(上向き矢印)やっぱさあ、お姐ってオイルこぼすのうまいねえぴかぴか(新しい)」(*^0^*)/←ちがうだろっパンチ
良い子の皆さんは決して真似しないでください爆弾

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2020 All Rights Reserved.