オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

人生が変わる瞬間?・・・の巻

投稿日:

よりによって
「明日は今年一番の寒さになるでしょう雪雪
という天気の日が最近の姐ブーム@「ライディングレッスン」3回目
だったたらーっ(汗)
今回は納車時に誘ったTくんを引率して参加することになっていたお姐である。
Tくんは若いぴかぴか(新しい)
が、お姐のお店で今のバイク(怪物くん中型)を買う前に、
ぢつは1台潰している爆弾
にもかかわらず、納車後の点検帰りにも、タイヤも温まってないのに
かなりの勢いで加速して出て行ったという噂を聞いたたらーっ(汗)
でもTくんはバイクが大好きなのであるぴかぴか(新しい)
------多摩店出発直前----------------
「今日のライディングスクールは、速く走るスクールぢゃないし、
安全運転で行くからね。」(*^0^*)←威嚇爆弾
「わかりましたっグッド(上向き矢印)
バックミラーでちらちら見ていたが
お姐の威嚇が効いたせいか?(笑)
お利口に走っていたTくんである。
(よしよし 笑)
会場について、午前の部に参加していたKさん(お客さん)と会いTくんを紹介し
しゃべっていたら
超ハイテンションでK先生が寄ってきたたらーっ(汗)
「ダジャレ警報発令」(*^0^*)←パンチ
(K先生は、ダジャラー爆弾&とてもフレンドリーな方であるるんるん
「あ K先生、あけましておめでとうございますグッド(上向き矢印)
今日は、バイク1台潰している爆弾うちの若いお客さん連れてきましたので
よろしくお願いしますグッド(上向き矢印)」(*^0^*)/
「あ そぉ、がんばろうね!よろしくお願いしますグッド(上向き矢印)
本日のテーマは「クラッチワーク」である。
Tくんを含めて初参加の方も数名いらっしゃったので
まず基本中の基本(メリット5)を先生が模範演技で説明。
その際に、K先生はTくんのバイクを使ってくれたぴかぴか(新しい)
先生はどんなバイクでも巧みに操るので、
多分、Tくんは簡単なことだろう・・・・
っと、その時は思ったに違いない(笑)
その後、前回の復習も兼ねてクラッチワークのみで旋回の練習をした。
動作としては、
バイクを降りた状態で1速に入れて横に立つ
フルステアを切ってバイクを傾けクラッチワーク(一定)のみで最小旋回。
人間はバランスを取りバイクの旋回に合わせてゆっくり歩くのみ。
Hちゃんは、小柄の上に重いGSR400でやっていたが
傾けた状態でのバランスの取り方、クラッチワーク共に
完璧ぴかぴか(新しい)
先生に1発OKをもらっていたグッド(上向き矢印)
方やTくんは、かなり早い速度で小走り(になってしまう)で回るか、
はたまたクラッチを切り過ぎて失速してバランスを崩すかのどちらかだった。
要するに自分のバイクのクラッチミート位置が掴めてないのである。
それから、クラッチ(レバー)を握らずシフトアップ、シフトダウンの練習。
続いて、回転数を上げて加速し2速の状態から1速へ落としてエンジンブレーキで停止
する練習をした。
お姐はTくんとほぼ同時に並走していたが
お姐がエンブレで停止する横をTくんがものすごい勢いで
すっ飛んで行くのが見えたたらーっ(汗)たらーっ(汗)
-------------休憩中--------------------------
「アンタ、どんだけスピード出してるわけ?むかっ(怒り)」(^0^;;;;
「い、いや違うんですっあせあせ(飛び散る汗)前にリヤをロックさせたことがあって
それとクラッチミートの位置がイマイチわからないんで、怖くてなかなかレバーを
離せないんですよバッド(下向き矢印)それで、止まれなくて先までいっちゃうんです。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
(そぉーだったのか)
------スクール終了-----------------
「あのぉ、、本当に誘ってもらって良かったです!本当にありがとうございました!!
なんていうか、、、考え方が変わりましたっ!!
どこかに習いに行くとかじゃなくて、毎日走っている時に練習できること沢山あるし
オレ全然できてなかった、、もっと丁寧にやろうと思いました。
渋滞のすり抜けとか速く走ることがうまいとか、思ってましたが、そうじゃないなって。
なにしろ考え方が一番変わりました!
Tくんの顔は輝いていたぴかぴか(新しい)
(ちょっとジーン・・・と来たお姐である)
ちなみに、お姐もライディングスクール効果で、最近では
怪物くんで街乗りも全然ストレスなく走れるようになった。
大きな声ぢゃいえないが、たぶん新幹線よりマシだと思う(*^0^*)←パンチ
お汁粉(2りんかんさんご馳走様ですグッド(上向き矢印))を
頂きながら、K先生にシツモンしてみた。
「先生、内圧コントロールバルブをつけないとなんちゃら、、とか
よく書いてありますが、お姐はあんまり怪物くんのエンブレがキツイと思ったこと
ないんで必要性感じてないんですけど、どぉーなんですかね?」
「はははは、一部の限界まで飛ばす人にはいいかもしれないけど、
バイクをいじるより、自分がそれをどう乗りこなしていくかということを
練習した方が楽しくない?バイクいじっちゃったら自分が全然うまく
ならないし、そのバイクにしか乗れなくなっちゃうよね。」
「激しく同意」(*^0^*)/
バイクを操ることに目覚めると
新しい世界が広がる。
何事もその時、できるできないは問題ではない。
「気がつくこと」「思うこと」・・・そこから全ては始まるのだ。
次回は2月17日「コーナリング特集」るんるん
次は、ホカロンを貼ることを忘れまい、、と強く思ったお姐である(*^0^*)←そこかよ!パンチ

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2020 All Rights Reserved.