オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

バイクを買い替える理由?・・・の巻

投稿日:

Kくんがセン北で原付を買ってくれたのは
約1年半前のことである。
それから1年もしないうちに
「やっぱビッグでしょ。ビッグ! オレはフュージョンに乗りたい!」
と言い始め、中型免許を取得。
念願のフュージョンを購入するに至った。
「えっとぉ、、ヒマなんでちょっと寄りましたグッド(上向き矢印)
(お姐達、ヒマぢゃないしたらーっ(汗)
「えっとぉ、、これから、バイトなんスけど、時間あるしぃ、
ここで友達と待ち合わせなんスよるんるん
(うち喫茶店ぢゃないしたらーっ(汗)
Kくんは、ぢつはゴリが大好きで(笑)
なんの用もないのに、やってくる。
「Kくん、今日もヒマなんだよね?」(*^0^*)
「まぁ、そっスけどぉ・・。」
「んぢゃ、お姐のコーヒーカップ割れたから、割れないカップ
探して、買ってきて」(*^0^*)←おいおい
「え マジっすか? イイッスよグッド(上向き矢印)
「予算200円ね」(*^0^*)←無理難題
「え 200円じゃ、百均しかムリじゃないッスかたらーっ(汗)百均にプラスティックなんて
あったかなぁ・・・たらーっ(汗)
「ダイジョーブ、Kくんなら探せるよ。ヨロシクグッド(上向き矢印)」(*^0^*)/
次第にKくんは、お姐にコキ使われるキャラとなっていった爆弾
Kくんは、一見チャラく、超マイペースで
かなりのビッグマウスだったりするのだが(笑)
そんなことで騙されるお姐ではない(*^0^*)←何故か威張る
バイトの悩みや、自分の考えていること、家族のこと、
いつも色々話していく。
それから半年もしないうちにゴリが言った。
「おネェ・・・Kくん、今度は400のアメリカンに乗りたいって・・・」
「はぁ? フュージョンに一生乗るとか言ってなかった?!たらーっ(汗)」(^0^;;;
「そうなんですけど、もう飽きたって・・・たらーっ(汗)
「だめだよ、あの子大学生だから、そんなに次々バイク買わせたら、
第一お母さんとかに許可取らないと、許可できないなぁたらーっ(汗)」(*^0^*)
「いや、もうお母さんの許可取ったって言ってました。」
「はやっ・・・・・。あせあせ(飛び散る汗)」(^0^;;;
Kくんの3台めのバイクがやってきた日
Kくんは、同行者を連れて来店した。
「えっとぉ、、こっち、オレのお母さん、でこっち妹」
なんと家族を連れてやってきたのだった。
「お母さん、いつもお世話になっています。こんなにすぐ買い替えてしまって
すみません、良かったんですか?たらーっ(汗)」(*^0^*)
「いえ、こちらこそいつも良くして頂いてありがとうございます。
バイク屋さんの話をいつも家に帰ると楽しそうにするんですよグッド(上向き矢印)
この子は、ダメっていっても聞かない子ですから、
第一うるさくて、おしゃべりで何言ってるかわからないでしょ?(笑)
ご迷惑かけていると思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。」
「あはははは・・・・たらーっ(汗)」(*^0^*)←コキ使っている人爆弾
さすが母、お見通しである(笑)
帰り際にKくんがポロっと言った
「オレ、カノジョできて、超しあわせなんスよグッド(上向き矢印)
(そぉいうことかひらめき)(*^0^*)
それから一月もしないうちに
またKくんがやってきた。
「はぁ、、スゲー暑かったっスよ、オレずっと駅から押してきたんスよ。
なんかぁ、、、アイドリング中に落ちるんですよぉ、、どうなってんスかねぇたらーっ(汗)
Kくんの後ろには女の子ぴかぴか(新しい)がニコニコしながら立っていた。
「はあ? そんなボロいバイク売った覚えないなぁ、、、
Kくんさあ、これガソリン入ってる?」(*^0^*)
「え・・?っとぉ、、ああ、買ってからまだ一度も入れてないかも、
入ってないですね、、でも、これONでいいんスよね?」
「オマエパンチ 単なるガスケツぢゃないかあ!むかっ(怒り)
ガソリンコックをリザーブに変えたらバイクはすぐ始動した。
「ほら、暑いからカノジョだけ置いて、アンタはさっさとガソリン入れて
来なさい」(*^0^*)
「え・・押していくんスか?たらーっ(汗)
「はぁ? リザーブにしたからガススタまでなら余裕で走るしむかっ(怒り)
「あ そーかグッド(上向き矢印)
-----Kくんガススタへ----------
「本当にKくんでいいのぉ?なんかもったいないなぁ・・」(*^0^*)←コラ!パンチ
「あははは、お母さんにも同じこと言われましたるんるん
「あの子うるさくて、バカなんだけどぉ(←おいおいたらーっ(汗))、、でも本当は繊細で優しい子なんだよね。」(*^0^*)
「わかってますぴかぴか(新しい)
(良かったグッド(上向き矢印)
「で どこで知り合ったの?」(*^0^*)←詮索始まる爆弾
-------Kくん戻る--------
「あそこ、ガソリン安っ!」
「はあ? で アンタ走れたの?」(*^0^*)
「余裕っスよ!」
「・・・・。たらーっ(汗)
いつもなら、そこでドッカり座るKくんだが
さっさと帰る準備を始めた。
「アレ?アンタ、今日は油売っていかないんだ。
やっぱカノジョできるとちがうねぇ?(笑)」(*^0^*)
「そりゃそうっスよ、今日は4カ月記念日だから、『こんなとこ』に
いる場合じゃないっスよ。」
「あはははは、そりゃそうだね、でもさ、アンタ捨てられないように
頑張るんだよ。」(*^0^*)
「・・・・。たらーっ(汗)
「あはっ、、、同じこと、お母さんにも言われてました 笑」@カノジョ
Kくんは、自分は簡易なメットをかぶり、彼女にはフルフェイスをかぶせた。
ちゃんと大事にしているのであるぴかぴか(新しい)
Kくんが『こんなとこ』爆弾に油を売りに来ないよう
心から願うお姐である(*^0^*)
青春いとをかしぴかぴか(新しい)

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2021 All Rights Reserved.