オートバイショップで働くお姐の日記です。

続・バイク屋お姐日記

お姐『重役』?になる・・・の巻

投稿日:

二輪自動車の定員2名の1名あたりの重量は55kgである。
が 江戸時代~昭和初期ならともかく
現代の日本人の男性平均体重が55kgというのは
ありえない話であるたらーっ(汗)
仮に運転者が75kgあったら、
後ろに乗れるのは・・35kgの人のみ?
それ以上は重量オーバーというのがメーカーの
言い訳になるらしい。
(・・・とお客さんに説明したところで
納得してもらえる訳がないだろうたらーっ(汗)
アメリカン車種で後ろのタイヤハウスに配線が
通っていて、それが擦れて切れてしまっているのが
中古車で多いのは、そういう事情もあるのだろう。
「すいませんっ、これから試乗行くんで
後ろ乗ってほしいんですけど。」新幹線
「いいよぉ」(*^0^*)←今日はいい役?ぴかぴか(新しい)
新幹線は70kg位、お姐はたぶん55kg位?
完全な重量オーバーだ(*^0^*)←威張るな!
「カポ」←フルヘをかぶる音
「チャカ」←またがる音
新幹線いいよぉ」(*^0^*)/←テンション高しるんるん
「ブロォン・ブロォンダッシュ(走り出すさま)
最近の夜は涼しくてバイクは気持ちがいいグッド(上向き矢印)
CCバーにもたれかかって
楽しく風に吹かれていたお姐だが
新幹線がギャップを超えた反動で、
5センチほど前にふっとんだダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
(あんだよぉ~むかっ(怒り)
今回のお姐の活躍?は
タンデムを想定した『彼女の役』黒ハート
ではなく、
ギャップを超える際の振動チェック用
『重り・・の役』爆弾だったらしいむかっ(怒り)
新幹線にふっとばされて、
タイヤハウスのちょうど真上に座った位置では
体重オーバーでも、ガツンとくることがないことが
確認できた。
「活躍は・・・
      やっぱり今日も痛かったたらーっ(汗)
                      詠み人:お姐

Copyright© 続・バイク屋お姐日記 , 2020 All Rights Reserved.